<GalaxxyPeople>

我々の前に地球に降り立った宇宙人たちに捧ぐ。

 

 

 

[ Galaxxy File001: Candies ]

1970年代に地球で活動。活動拠点である日本では主に「アイドル」として知られる。しかし本来の姿は紛れもなく宇宙人。金色のスペース・スーツを着て、先行して地球に派遣された「アース・ウインド・アンド・ファイヤー」流儀のスペース・ファンクで日本人を宇宙に誘う。なお、バックのミュージシャンも後に「スペクトラム」と名乗る宇宙人。

[ Galaxxy File002: Pink Lady ]

上記のキャンディーズと同時期に日本で活動。こちらは初期から宇宙人として正体を明かした上で活動していた。彼女達の発する「やりたくなったらやっちゃいなビーム」の影響で、彼女達と同じ動きをする少女が日本中に続出、大きな社会問題となる。最近では「彼女達は年をとらない」ということが明らかになった。

[ Galaxxy File003: Godiego ]

彼らも1970年代に活動した宇宙人グループ。(この時期は世界各地で宇宙人が確認されている)日本以外ではシルクロードで発見され、妖怪の一味と認識された事もある。我々の宇宙船である銀河鉄道の社歌を作った事でも知られる。

[ Galaxxy File004: Junko Yagami ]

こちらは単独行動をとる宇宙人。「YAMAHA」製の宇宙船を自ら操縦しながら、宇宙賛歌を熱唱する。胸の星マークが宇宙人のサイン。

[ Galaxxy File005: croquette ]

「コロッケ星人」は、地球人の形態をコピーする事が出来る「モノマネ型宇宙人」。最近では「ロボ五木ひろし」という形態で機械の体を手に入れた様子。ちなみに宇宙服が同じことから「ギャラクシー車掌のクローンでは?」という噂が広がっているが、これはデタラメ。車掌がコロッケ星人のクローンである。